日本医薬総鎮守 
病気平癒・健康成就の社 
 
 すくなひこな 
少彦名神社(神農さん) 〒541-0045 大阪府大阪市中央区道修町2-1-8
TEL 06(6231)6958 FAX 06(6231)6970
  

 


 
祭神・由緒



御祭・行事



お札・お守



腕輪天然石



御朱印・
御朱印帳




御祈祷


 
ペット祈願




交通アクセス


道修町街歩き
ミュージアム
ストリート















ENGLISH

本年の例大祭「神農祭」について
11月22日・23日の「神農祭」は本年も斎行します
疫病退散・無病息災の御守「神虎笹」の授与やご祈祷
御神楽等は例年通り 
提灯柱・大笹も設置しますが
露店の出店・家庭薬キャラクターイベントはございません
また「神虎笹」は初詣や節分の頃まで授与の予定でございます
新型コロナウイルス感染予防のため 来社時はマスク着用をお願いします

NHK「目撃!日本列島」で当社が紹介されました
 
家族のために 自分のために〜大阪“薬の神様”に託す思い〜」
 
「関ジャニ∞のジャニ勉」で北浜界隈を散歩された
渋谷すばるさんと大倉忠義さんに
御参拝いただきました
「ビーバップ!ハイヒール」で当社の「張り子の虎」が紹介されました
当社の御朱印が「おはよう朝日土曜日です」で紹介されました


※公式SNSです 最新情報はこちらをご覧ください※
  
twitter   facebook instagram
御札御守授与時間 9時より17時まで
御朱印授与時間 10時より16時まで
※御朱印につきましては
御朱印のページをご覧ください※

※お知らせ※
閉門時間変更 平日18時 土日祝日17時

御守・御札の郵送について

御札・御守は郵送も受付しております
またご祈祷も来社せずにお受けできます
(御朱印は郵送しておりません)
お求めの御守御札の体数・送付先住所氏名・連絡先をご記入の上
初穂料に郵送手数料一律500円を加えて現金書留でお送りください

御札御守のページ
天然石腕輪守等のページ

健康成就のお社で七五三詣で
七五三参り期間 10月3日より11月15日まで
当社では一件(一家族)ずつ丁寧に御祈願しております

 
詳細は ご祈祷の頁 ペット祈願の頁 をご覧ください

  一粒万倍日
10月18日(日)・21日(水)
30日(金)

「一粒の籾が
  万倍実る稲穂になる」
大変縁起の良い日です
開業や財布の新調など
物事をはじめるのによい日と
されています
どうぞご神縁をお結び下さい
開運福銭「一粒万倍守」
(一粒万倍日のみ授与)
のご用意もございます
 

祈 新型コロナウイルス退散

「疫病退散祈願御札」
 

ご参拝の方々からお求めの声を
多数いただき
「疫病退散祈願御札」を
授与することとなりました
御札の包み紙には疫病退散の
神虎と笹 当社社紋の薬印を
配しております
御札の包み紙に意匠を施すのは全国でも当社が初めてです
どうぞそのままお祀りください

黄色の祈願布には願い事を
書いてご神木の周りの綱に
結んでいただきます

初穂料 二千円(祈願布付き) 

江戸時代にコレラが流行した際に虎の頭の骨を砕いた丸薬と
張り子の虎守りを皆様にお分かちした事から当社では「虎」が
疫病退散・病気平癒・健康成就の象徴でございます
病気平癒・健康成就の御神徳の当社には
新型コロナウイルスの退散を願う方々が多数ご参拝されています
感染の収束や治療薬の開発が一日も早くなされます様お祈りいたします

 

疫病退散の張り子の虎御守
「大福虎」
初穂料 2500円

健康で過ごせますように
「健康御守」
初穂料 各800円 


御鎮座240年記念 開運薬印根付「紫」

御鎮座240年を記念して「紫」の薬印根付を授与します
通常色「赤・緑」のご用意もございます
初穂料 各1000円 ※紫は300体限定授与



医師 薬剤師 看護師 理学療法士 MR試験
針・鍼灸・マッサージ師 介護福祉士等の皆様へ

医薬の神・少彦名命と薬祖神・神農様を
お祀りする当社には
毎年沢山の医師・薬剤師等の方々が御参拝されます
よくご質問いただく 医学・薬学に最適な
御守等をご紹介いたします

   
しあわせ祈念護符
初穂料 800円 
薬印の護符です
 
御神絵(少彦名命・神農炎帝)
初穂料 各1,000円
日本医薬・中国医薬の神様の御姿です
 

   
学業成就御守 薬印開運根付(紫は本年限定色です)  
初穂料 800円 初穂料 各1000円

祈願絵馬 御神像・張子の虎   
初穂料 各1,000円
絵馬記入例

少彦名神社 月次祭「献湯祭」
  10月23日 12時半より

※雨天決行※

浪速神楽 「湯立」 「式神楽」
を奉納します
間近で御神楽をご覧いただけます
どなた様もどうぞ御参拝くださいませ

献湯祭について詳しくは
献湯祭のページをご覧ください