日本医薬総鎮守 病気平癒・健康成就の社   
 すくなひこな 
少彦名神社(神農さん) 〒541-0045 大阪府大阪市中央区道修町2-1-8
TEL 06(6231)6958 FAX 06(6231)6970
  

 


 
祭神・由緒



御祭・行事



お札・お守



腕輪・朱印帳



御祈祷


 
ペット祈願




交通アクセス


道修町街歩き
ミュージアム
ストリート















ENGLISH

当社が紹介されました「目撃!日本列島」
 
家族のために 自分のために〜大阪“薬の神様”に託す思い〜」
 ご感想・再放送ご希望の方は
こちらにお願いいたします

「関ジャニ∞のジャニ勉」で北浜界隈を散歩された
渋谷すばるさんと大倉忠義さんに御参拝いただきました
    
twitter   facebook instagram


左上段より、特別神虎・黄金の虎・白金の虎・大福虎
鈴虎・福虎・宝船・豆虎・幸虎守・虎根付(全身・顔)

端午の節句と張り子の虎について
端午の節句とは、古来中国の思想が日本にもたらした二十四節気のひとつで
この節句と共に神聖化
された虎も日本に思想としてもたらされました
特に関西地方では「虎に救われた」という考え方があります
江戸末期大阪を中心にコレラが大流行した時、当神社の張り子の虎とともに
「虎頭殺鬼雄
黄圓」(ことうさっきうおうえん)という薬を参拝者に配り病気が治ったと言われております
この事から端午の節句には子どもの成長を祈り張り子の虎を家で飾る事が風習となりました
また、旧暦の5月は邪気が強いとされており、香りのよい薬物を袋に包み
5色の糸を長く垂れ下げた「薬玉」を端午の節句に柱などに飾り、不浄を祓い、邪気を避けたそうです


「端午祭」限定御朱印
4月29日(土)午前10時より授与開始 5月5日(金)午後4時まで
※書き置き紙のみ※


端午の節句にちなみ、薬玉の印と
宮司手彫りの「菖蒲」「張子の虎」の印をあしらいました
初穂料 各500円 限定200体

「端午祭」特別限定御朱印
5月5日(金)午前10時より午後4時まで 当日のみ授与

新緑の台紙に端午の節句にちなんで薬玉の印と
宮司手彫りの「菖蒲」「張子の虎」の印をあしらいました

初穂料 各500円 限定100体


腕 輪 守
病気平癒健康成就守
(インド翡翠・ブラッドストーン・水晶)
御初穂料 3,500円 
女人守護・しあわせ守(緑)
(プレナイト・ローズクォーツ・白めのう)
御初穂料 3,500円
その他腕輪守のページもご覧ください

医師・薬剤師・看護師・医学療法士・整体師
医学部・薬学部・看護学部・MR等受験の皆様
祈願絵馬 御神像・張子の虎   初穂料 各1,000円
絵 馬 記 入 例 

少彦名神社(神農さん)月次祭
「献湯祭」
5月23日(火)12時30分より ※雨天決行

是非御参拝くださいませ
献湯祭については
こちらのページ
をご覧ください