日本医薬総鎮守 病気平癒・健康成就の社   
 すくなひこな   
少彦名神社(神農さん)

〒541-0045 
大阪府大阪市中央区道修町2-1-8
TEL 06(6231)6958 
FAX 06(6231)6970
  


 
TOP


祭神・由緒



御祭・行事


お札・お守


腕輪・
天然石
 


御祈祷


 
ペット祈願


交通アクセス














ENGLISH


少彦名神社の御朱印・御朱印帳
予約・取り置きや郵送はできかねます
※御朱印のお問い合わせについて※
恐れ入りますがお電話での問い合わせはご遠慮ください
SNS等のメッセージよりお願いいたします

御朱印受付時間 
10時より16時まで
当社では御神事ごとに限定御朱印を授与し参拝者の皆様に
御神事に触れていただいております
御朱印は郵送受付しておりません
新年御朱印帳の郵送も現在受付しておりません

1月
新年限定御朱印帳「双虎(そうこ)」・「虎づくし」
1月31日 見開き干支御朱印(予定)


2月
2月1日より3日 「節分祭」
2月4日 「立春大吉」
2月11日より13日(予定) 「紀元祭」
2月23日 「天長祭」

令和四年寅年限定御朱印帳

  220体限定
純金箔張り御朱印帳
双虎(そうこ)

表紙は横ですが
縦開きになっております
表紙裏には双虎の金紙
一頁目には皆様の開運隆昌を願って墨金で「壬寅」を宮司が書いております

初穂料 五千円(御朱印込)
※一人一体のみ授与
  約18×12p
あと僅かとなりました

「虎づくし」
 
張り子の虎に笹と社紋と薬紋
当社ならではの寅年限定「虎づくし」の御朱印帳です
一頁目には「壬寅」を金字で書いております
初穂料 3000円(御朱印込み)
限定 500体 一人一体のみ授与
大きさ 約18.5×12.5p

節分祭手彫り御朱印「鬼は外・福は内」
2月1日より3日まで授与

寅年の節分ということで虎の咆哮で逃げる鬼と
お多福が全て内を向いている「鬼は外・福は内」
の御朱印です お一人一組のみ授与
初穂料 千円 紙でのお渡し


京都西陣織 開運袋守(限定300体)
「虎づくし」 1月1日より授与開始

西陣織で当社の疫病退散の張子の虎と笹・社紋の薬印を織っております
御朱印帳袋や常備薬など大切な物を守る御守です
新年の開運袋は御朱印帳と御揃いの「虎づくし」です
初穂料 二千円 (限定300体)
 
 

初もうで干支朱印「壬寅」
1月31日まで

当社の張り子の虎「神虎」を手彫りしました
こちらの御朱印はお手持ちの御朱印帳に直書きします
書き置きの用意もございます
初穂料 500円
※御朱印帳の書き入れはお一人一冊のみ※
 

神職御朱印「神心」
※直書きのみ
※1月31日まで虎印を左上に押印します※

 
初穂料 500円

宮司夫婦手彫りの
御祭神御朱印
直書き・書き置き 両方ございます
※1月31日まで書置き紙での対応※

当社でお祀りしている御祭神名
中国医薬の祖神「炎帝神農」と日本医薬の祖神「少彦名命」を
宮司夫婦で心を込めて手彫りしました
初穂料 各300円

奉仕御朱印「内清浄外清浄」 

  内清浄外清浄は伊勢神道の言葉で
「心の内を清め身体を清める」
という意味です
30分間の境内清掃のご奉仕の証に
無料でさしあげる御朱印です
「八つ花菱に三つ巴紋」
当社独自の紋を手彫りしました
※毎月色が変わります
1月は「暁(あかつき)」です
 

ご奉仕希望の方は
授与所にお申し出くださいませ

1日10名限定 
※紙での授与※

※ 混雑時はご奉仕をご遠慮
いただく場合がございます
 
宮司夫婦手彫りの雨ふり御朱印

初穂料 500円
※直書きのみ・お一人一冊のみ書き入れします
※書き手不在時は授与できません(書置きはありません)
※ご参拝時に傘が必要なほどの降雨の際に授与します
 
雨降りのご参拝のお楽しみです
御朱印帳に宮司手彫りの「干支に和傘」を押印します
1月は「暁(あかつき)」です