日本医薬総鎮守 病気平癒・健康成就の社   
 すくなひこな   
少彦名神社(神農さん) 〒541-0045 大阪府大阪市中央区道修町2-1-8
TEL 06(6231)6958 FAX 06(6231)6970
  


 
TOPページ


祭神・由緒



御祭・行事



お札・お守



腕輪・朱印帳



御祈祷


 
ペット祈願




交通アクセス














ENGLISH


献湯祭
(11月を除く毎月23日)
  
午後12時30分より

       


 当神社では毎月23日午後12時30分より
献湯神楽(けんとうかぐら)という神事を執り行っております
この神事では浪速神楽の式目の内にある「湯立」という神楽を奉奏します
 お湯は煎じる・溶かして飲むなど薬と深い関係があり
そのお湯を神に奉納することで人々の健康と道修町の薬品業界が
無事役目を成し遂げられるよう祈ります
 実際、神社に残っている「献湯簿」には大正6年から当神社で
献湯神楽が執り行われていた
という記録が残っています

 献湯神楽は、太鼓を叩いて式の始まりを神にお知らせします
 巫女は拝殿前に据え置いた熱湯の入った湯釜を御幣で祓い
鈴と御幣を持って舞います
 更に塩で祓い、湯釜にお米とお酒を注いで湯櫃(ゆひつ・桶)に汲み
神職に取り次いで神前に供えます

 神職は、本殿で崇敬者の家運隆昌・健康祈願のため「献湯奉加帳」により
各社の社名・氏名を読みながら祝詞を奏上します
巫女は舞衣を脱いで、襷(たすき)掛けの白衣白袴姿で
薬効があるといわれる五葉笹の束を両手で持ち
太鼓の音に合わせながら、大きくお湯を跳ね上げて撒き散らします 

  
     

 その後、赤い袴姿の巫女が「式神楽(しきかぐら)」を舞います
神事終了後は、御神酒が振る舞われ、「湯立」で用いたお湯は
「湯花(ゆばな)」として、ご自由にお持ち帰りいただいております

 「湯花」は、お清めしたい場所に撒いていただく(お風呂場・お手洗い等)か
または、お風呂の湯船に入れていただいても結構です
 ただし、直接飲むことはお勧めしておりません

 出来ますれば、毎月23日の献湯祭に一年間お参りされ
満願成就されますことをお勧めします
 

   献湯祭の花詞の御札と
満願成就祭(12月23日)について


     

    
 毎年11月22日・23日の神農祭で張子の虎(神虎)を一体お求めいただき
翌月12月23日から翌年10月23日まで献湯祭で花詞の御札を授与いたします
願意をご記入し、12枚すべて神虎に付けていただきます

 翌年11月22日・23日の神農祭の時にその神虎を神社受付にて示していただくと
翌月12月23日の満願成就の申込用紙をお渡しします

 12月23日献湯祭当日(午前9時〜午後3時)申込用紙を提示していただき
神社拝殿にて満願成就の御祈祷を受けていただきます
 御祈祷終了後、満願成就の証の御札を授与致します

 尚、花詞の御札は23日以外でも神社社務所にて承っております(1枚200円)